Doorkeeper

サラ・ペイトン 3daysオンライン講座2021《恥と特権 ;社会や集団の中での地位、影響力の違いから生まれる恥~NVCと脳科学を通じて、探究し、癒す~》

2021-07-09(金)07:30 - 2021-07-11(日)11:00
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む
早割(6月26日まで) 42,000円 前払い
申込締切
6月26日 23:55
通常 47,000円 前払い

詳細

日時
7月9日(金)10日(土)11日(日)
各日とも7:30AM~11:00AM

受講費 42000円(早割6月26日まで)
    47000円(通常)

講師:サラ・ペイトン(CNVC認定トレーナー)
通訳:鈴木重子・安納献

*このセッションは、3日間すべて録画され、参加者にシェアしますので、録画へ同意をしていただけることが参加の条件となりますことご了承ください。

《恥と特権 ;社会や集団の中での地位、影響力の違いから生まれる恥~NVCと脳科学を通じて、探究し、癒す~》

恥と特権は、どのように関わり合っているか。
それをどのように癒し、自分とのつながりを取り戻すのか。

このプログラムについて

私たちの多くが、平和で、いのちが大切にされる世界を望んでいるにもかかわらず、大規模な変化を本当に起こすのが難しいのはなぜでしょうか。
その答えの一つは、人間にとって、『変化』に抵抗するのは自然なことだ、ということです。
もうひとつの答えは、『影響力を持つことがどのように人間を変えるのか』ということです。 

お金や物資、人への影響力や物理的な力など、世界の中での『資源』へのアクセスが増え、ストレスに対する免疫力が低下すると、私たちの脳は変化します。
思いやりや共感が薄れ、自分には資源や免疫を得る権利があると考えるようになります。また、実際に何が起こっているのかを見ることを恥じるようになり、真実を見ることを恥じるようになります。

人間は一般的に不平等を見ようとしません。
多くの場合、それは、この世界が理にかなっていて、すべてが最善の方向に向かっていると信じたいからです。しかし、私たちが本当に何が起こっているかについての視ビジョンを持ち、変革に参加しなければ、何も変わりません。
目隠しをしたまま、行動を起こすことはできません。

私たち人類にとって幸いなことに、私たちの非暴力コミュニケーション(NVC)の実践と、関係性についての脳科学の世界からの知識を組み合わせることで、世界をより良い場所にするための活動において、エネルギー、冷静さ、受容、さらには喜びをもたらすことができます。
サラと一緒に、3日間(10.5時間)かけて、恥と特権の相互作用を探究し、癒しや自分とのつながりを経験を探求しませんか。

権力と特権が人間の脳に与える影響を探る。

♪8つの異なる恥のレベルについて学ぶ

"害を与えない "という誓いがもたらす制限的な影響を発見する。

♪無意識の契約の解放を体験する

♪深い受容といのちに貢献するエネルギーにつながるスキルと実践を持ち帰る

このプログラムは誰のためのものですか?
このプログラムには、NVCの経験は必要ありません。

自分の恵まれた環境を恥じたり、他人の恵まれた環境にストレスを感じたりしたことがある方にお勧めのプログラムです。
このプログラムは、コミュニティを作る人、社会変革活動家、NVCプラクティショナーやトレーナー候補者、個人的な成長やプロとしての成長を求めている方に特にお勧めです。

主催
life enriching projects ×つながりコミッティ
龍村ゆかり
lifeenrichingprojects@gmail.com

コミュニティについて

Life Enriching Project

Life Enriching Project

CNVC認定トレーナー 鈴木重子・安納献から 『いのちの言葉』NVCを人生の旅の羅針盤として受け取り、 それを毎日の生活のなかで実行するためのシンプルな方法をお伝えしてゆきます。

メンバーになる